2006年03月09日

ついに人間の体内にICチップが埋め込まれる 米国

ic.jpg

皿に埋め込むのが最先端だと思ってましたが



監視機器を扱う米シティーウォッチャー・ドット・コム社で、2人の従業員の体内に
小さなシリコンチップが埋め込まれたことが13日(米国時間)に報じられた。
ICタグを使った認証技術の試験の一環として、本人が志願したものだという。

メキシコ検事局では、2004年に、いわゆるRFID(Radio Frequency IDentification:
無線通信による識別技術)チップを一部の職員の体内に埋め込み、
立ち入り制限区域への人の出入りを管理している。
シティーウォッチャー社が従業員にチップを埋め込んだのは、
業務上で人体にこの技術が使われた米国初のケースと考えられている。

(中間省略)

チップは米粒くらいの大きさで、前腕の皮膚のすぐ下に医師が埋め込んだとダークスCEOは述べる。

チップは「入室カードのように機能する。ドアの外側に読取装置があり、
近づいてその下に腕を出すとドアが開く」とダークスCEOは説明した。

ダークスCEOによると、チップを埋め込まれた従業員の行動を
シティーウォッチャー社が追跡することはできないという。
(以下略)


ソース 2006年2月14日 8:00am
http://hotwired.goo.ne.jp/news/technology/story/20060215301.html


これは、もはやアニメの世界ですな
posted by 番頭記者 at 00:12| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネスデスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。