2007年08月07日

ワンクリ詐欺をgoogleを使って簡単に見破る方法

google robot.jpg
(グーグルロボットのイメージw)

「ワンクリック詐欺」をご存じだろうか。この詐欺を正義のGoogleボットが暴いているのだ。いやGoogleボットにしてみると正義とか何にも考えもせず自然な活動であばいているのだろう。ワンクリック詐欺は、アダルトサイトや出会い系サイトに多いのだが、興味本位で「ここからムフフな画像が閲覧できる」とか書いてあるリンクをクリック(ワンクリック)したら、突然、次のページで「ご入会ありがとうございました。以下の口座にお振り込みください」といった画面が表示され、騙されてその指示に従って振り込みをしてしまうことだ。一種の振り込め詐欺に近い。警視庁も「ワンクリック料金請求にご用心」で注意を呼びかけている。

しかし、そんなトリックに簡単にひっかかるわけないでしょうと思うかもしれないが、この振り込め画面には、「あなたのリモートホストはxxxx.jp、あなたのプロバイダーはxxxx, あなたのOSはxxxx」といった情報が掲載されていることが多く、これで閲覧者個人が特定されてしまったと騙されてしまう人もいるのだ。結論からいうと、閲覧しただけで個人情報が特定されることはない(ただし、会社からのアクセスだと会社が特定されることはある)。

この悪質なワンクリック詐欺なのだが、Googleボットは、まったく気楽にほいほいとワンクリックしてこの脅し画面を検索収録しているのだ。ところでGoogleボットって何?だが、Googleボットとは、検索情報収集のために自動的に多数のWebサイトを自動的に閲覧・巡回しているロボットのことだ。Googleロボットが省略されてGoogleボットと呼ばれる。ロボットといっても、鉄腕アトムや鉄人28号(例が古すぎ)みたいなものではなく、ただの巡回プログラムにすぎない。


3 :続き@窓際記者こしひかりφ ★:2007/07/15(日) 00:28:02 ID:???0
このGoogleボットなのだが、閲覧者としては、googlebot.comという足跡を残す。そこで、「googlebot.com 口座」という2つのキーワードでGoogleを検索すると、なんとずらっと「ワンクリック詐欺」のサイトが出てくるのだ。まるで、Googleボット君がおとり捜査してワンクリック詐欺をあばいているみたいだ。



ところで、このコラムでは、「googlebot.com 口座」の検索のリンクをあえて掲載しない。検索結果をクリックすると、もろに「ワンクリック詐欺」の画面が出てくるからだ。こんなのどってことないと説明しても、それでも不安に思ってしまう人がいるかもしれないからだ。

でももし、振り込め詐欺ページをちょっとでも覗いてみたかったら、「googlebot.com 口座」で検索して、通常の検索結果のリンクではなく、キャッシュのほうをクリックしてみるといいだろう。そこにGoogleボット君がアダルトサイトを閲覧した痕跡を見ることもできる。


でもGoogleボット君はそんなこと気にもしていないようだ。
http://www.seozone.jp/news/362.html

posted by 番頭記者 at 00:45| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 一般ニュースデスク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。